豆カメラ用ミゼットフィルム 現代に復刻!

ブログ

Instagramからの投稿

2015年11月14日 カテゴリー:Instagram

Instagramからの投稿

これもまた、ミゼット判フィルム、豆カメラで撮影しました。独特の写りが、私は好きです。

Instagramからの投稿

2015年11月14日 カテゴリー:Instagram

Instagramからの投稿

ミゼット判フィルムで撮った写真です。前に紹介したものとは別の豆カメラで撮影しました。やはり霞がかかったように写ります。豆カメラ特有の写りなのでしょうか。

Instagramからの投稿

2015年11月13日 カテゴリー:Instagram

Instagramからの投稿

ミニカメラの世界というタイトルの本です。1983年発行で、その名のとおり、古今東西のミニカメラ、ミゼット判カメラの紹介がされています。すでに絶版ですが、AMAZONや古い書籍を扱う中古カメラ店などで入手可能です。

Instagramからの投稿

2015年11月13日 カテゴリー:Instagram

Instagramからの投稿

マイクロII型という豆カメラです。戦前のオリジナルの初期型モデルは三和商会からミゼットを追うように発売されました。これは戦後に造られたもので、レンズにコーティングを施した贅沢な造りとなっています。

Instagramからの投稿

2015年11月13日 カテゴリー:Instagram

Instagramからの投稿

これは35mmカメラで、ミゼット判カメラではないのですが、ずんぐりむっくりしたフォルムが豆カメラを彷彿させ、お気に入りの一台です。西ドイツ時代のフォクトレンダーのビトーマチックIIというカメラで、写りはシャープです。

Instagramからの投稿

2015年11月12日 カテゴリー:Instagram

Instagramからの投稿

豆カメラとミゼット判フィルムいろいろです。カメラは安物から高い値段で買ったものまでいろいろです。それぞれ様々な写り方をするでしょう。

Instagramからの投稿

2015年11月12日 カテゴリー:Instagram

Instagramからの投稿

豆カメラに限らず、精密で小さなものが好きです。これはまたもう一つの趣味で、腕時計収集です。この腕時計は特にお気に入りの一つで、機械式時計で時間を調整する機構の、テンプという装置が二つついています。本格的高級腕時計ならウン千万円クラスですが、これは片方がダミーなので(一応動きます)、ウン万円でした。本物はとてもじゃありませんが買えません。

Instagramからの投稿

2015年11月12日 カテゴリー:Instagram

Instagramからの投稿

豆カメラを手の平にのせてみました。スッポリ手の中に収まってしまいます。よく出来ている豆カメラは見た目よりずっしり重いので、初めて触った人は大抵ちょっとびっくりします。

Instagramからの投稿

2015年11月12日 カテゴリー:Instagram

Instagramからの投稿

豆カメラはミゼット判フィルム以外にも16mm有孔缶入りフィルム使用カメラなど、いろいろなタイプがありました。これはミゼット判フィルム各種です。それぞれの豆カメラメーカーや、フィルム専門メーカーがミゼット判フィルムを作ってました。