豆カメラ用ミゼットフィルム 現代に復刻!

ブログ

Instagramからの投稿

2015年11月17日 カテゴリー:Instagram

Instagramからの投稿

豆カメラは第二次世界大戦前の日本で発祥し、国内で一大ブームを引き起こし、戦後は国内はもとより、進駐軍のお土産としても大変受けて、1950年に流行の頂点を迎えます。その後は35mmカメラや二眼レフカメラに人気が移行し、豆カメラは斜陽の一途を辿ります。やがて造りは簡素化、低品質化してゆき、大人が使うカメラから子供用玩具カメラとして扱われるようになっていきました。写真のカメラは、その途上のカメラで、厚手の板金ボディはブリキ製となり、シャッターは単速(インスタント)のみとなり、安普請になっていったことは否めません。残念なことです。 #豆カメラ #ミゼット判フィルム #ミゼットフィルム #スパイカメラ