豆カメラ用ミゼットフィルム 現代に復刻!

豆カメラとは

豆カメラの歴史

ミゼット判カメラ、豆カメラとは

ミゼット判カメラ、豆カメラとは昭和12年に当時の美篶商会より発売された超小型カメラで、手の中にすっぽり入ってしまうほどの大きさのカメラです。

image

すでに海外では先がけて豆カメラは発売されていましたが、ミゼット判というサイズは日本オリジナルです。ミゼットカメラという名で世に出され、後を追うように三和商会からも同様のカメラサイズで、やはり同じサイズのフィルムを使うマイクロカメラが発売されました。 さらに、グッチーという類似の豆カメラも発売され、いわゆる第二次世界大戦前には三大豆カメラとして日本国内で一大ブームを引き起こしました。 いずれもボディサイズが高さ3~4センチ、幅5~6センチ、奥行き3~4センチで、機能は絞りなし、シャッターはB(バルブ)、I(インスタント、30~50分の一秒)と、本格的なカメラとは一線を画すものでしたが、小さくて簡単に扱えることから子供はもとより大人、女性などあらゆる世代の人々から重宝されました。(ちなみにマイクロは当初から可変シャッタースピード・絞りを搭載していました。) 戦後は、国内のニーズはもとより、主として進駐軍向けの土産物としてもてはやされました。メーカーも増え、大量の豆カメラが製造・輸出されることとなりました。 性能も向上し、絞りやシャッター速度の可変、コーティングレンズ、レンズ交換、目測でのピント合わせが出来る高機能機種も生まれました。 ミゼット判以外にも、16mmネガフィルムを用いたミニサイズのステキー、コーナン16、マミヤ16などのカメラや、当時世界最小としてギネスブックにも掲載されたペタルや、エコー8などの更に特殊なサイズのフィルムを扱うミニサイズのカメラも発売されました。

image

こうして国内外で豆カメラは戦後の昭和25年に全盛期を迎えます。 しかし昭和30年代頃に近づくと、それまでのブームは去り、35mmカメラやブローニー判カメラが主流となります。 特に、16mmフィルムカメラを除く特殊サイズ豆カメラは姿を消し、ミゼット判豆カメラは従来の精巧な作りから安普請の子供向け玩具カメラとして指向が変わってゆきます。 昭和40年代ころにはほとんど製造されなくなり、フィルム供給の終了で豆カメラはカメラ歴史の表舞台から去り、一部の方々のコレクターアイテムとして、またデッドストック品が残るなどしてその痕跡を僅かに残すこととなります。 しかし、世の中には数多く作られた豆カメラが国内外で残存しており、中古カメラ屋や中古カメラ市、インターネットオークションでもいまだに取引されています。若いデジタル世代の方々にも、「こんなに小さくて精巧なフィルムカメラがあったのか」と興味を持つ方も少なからずいるようです。 が、肝心のフィルムがないとうことで、撮影目的でなく、飾り物、懐古趣味のコレクションとして買い求める方がほとんどのようで、カメラとしての機能、撮影を追求する方は自作で作るなどして細々と営まれているのが現状のようです。 そこで、当商会では、特に数多く作られたミゼット判フィルムに着目し、フィルムを復活させようと試みました。数十年の時を越えて、ミゼット判カメラに再度脚光を浴びせようと考えました。 しかもモノクロネガと、当時は無かったカラーネガで実現しようと決意しました。いずれも当時の仕様に基づき、SS、感度100です。スプール、裏紙とも新規設計国内産で、フィルムも現在製造されている国産新品を使用しております。画像サイズも14×14mmの当時のままです。

midget-film-5packs-bw midgetfilm-5packs-color

あえて現代に甦させるというこの試みは、何よりも自分自身で豆カメラで撮影してみたいという自らの欲求、切望からでした。 精緻な描写なら現代の高級デジタルカメラやフィルムカメラに任せておけばいい、ゆるかわいい、あるいは不思議な描写なら現代の玩具デジタルカメラや安価フィルムカメラに任せておけばいい、クラシックな、しかし精緻描写ならクラシックフィルムカメラたちに任せておけばいい。それらとはまたひと味違う、ちょっとザラついた、古懐かしい描写をする豆カメラならではの独特の写りを多くの方々に楽しんでもらいたいというのが発端でした。 幸いにして、カラーネガ、そして特にモノクロネガについては、大手カメラ店から個人商店まで現像、プリントしてくれる店舗も確認しております。 コレクターの方々も ただの飾り物から、趣味撮影、常時愛用品へと豆カメラを復活させてはいかがでしょうか。

豆カメラの種類

ミゼット判カメラを中心とした各種豆カメラを紹介します。代表的なものでは、ミゼット、マイクロ、スナッピー、キク16、ベストカム、マイティー、ジェムフレックス(二眼レフ)、ヒットなどがあります。他にも数十社から様々なミゼット判豆カメラ、様々なフィルムサイズの豆カメラが作られていました。

12298940_934309439939200_563268223_n

ミゼット判カメラ以外では、16mm幅のフィルムを使う、コーナン16、マミヤ16、ミノルタ16、ステキー、ゴールデンステキーなどがありました。また前述のエコーエイト、カメラライトのようなライター型カメラ、豆カメラからは若干外れますが、双眼鏡に小さなカメラユニットのついたビノカ、ラジオ付きカメラのラメラなど様々なカメラが存在しました。

豆カメラを購入したい方は、各中古カメラ店で、またはヤフーやセカイモンなどのオークションを利用するとよいでしょう。「豆カメラ」、「ミニカメラ」、「spy camera japan」などで検索すると結構頻繁に出品されてます。 ただし、質の良くないものや、故障していたりするものもあるので見極めが必要です。 シャッター不調、シャッター可動ただし精度は不明、部品欠損などというものが多いですが、60~70年前の、中古でしかも簡易型カメラですので、購入の際は、そういうものだとご理解のうえ購入してください。 豆カメラの機種、詳細については、今後ブログで随時紹介していきます。

豆カメラ用フィルムの種類

ここでは豆カメラ用フィルムのサイズを紹介しましょう。ミゼット判以外にも各種サイズがあり、それぞれに対応したカメラがありました。 16mm判は後々本格的なコンパクトカメラ用へと発展し、ミノックス判は精密描写が可能な超小型カメラとして君臨し続けました。 110判は取り扱いが簡単な16mm判フィルムの後継として作られましたが、本格的な写真が撮れるカメラも存在しました。

ミゼット判:
軸(スプール)巻き、裏紙付き、画面サイズ14×14mm、フィルム一本あたり10枚撮り。三和商会のマイクロ他、多くのメーカーもこのサイズを採用。
グッチー判:
スプール巻き、裏紙付き、画面サイズ18×18mm、フィルム一本あたり8枚撮り。現在は生産なし。
16mm判:
主な画面サイズ10×14mm、各機種専用のマガジンに装填して使う。当初は両パーフォレーション付きを想定したカメラ設計がされており、後にダブルマガジンのカートリッジ式なども作られるようになった。多くのメーカーが採用し、やがてJIS規格にもなったが、現在は生産なし。
ミノックス判:
画面サイズ8×11mm、ダブルマガジンカートリッジ式、いわゆるミノックスカメラ用。 アクメルやシャランなど、その他の超小型カメラにも採用されている。現在も生産中。
110判:
画面サイズ13×17mm、カートリッジ式。現在も生産中。一時はローライ110やペンタックスオート110など本格的カメラ用にも用いられたが現在はトイカメラ用にわずかに供給されている。

その他

ペタル判:
直径24mmの円形フィルム、円周状に直径6mm×8コマの撮影が可能。現在は生産なし。
エコー8判:
8mmのフィルムに6×6mmの画面サイズ。現在は生産なし。

当商会ではミゼット判フィルムのみ取り扱っております。 仕様は改良等により予告なく変更する場合がありますがご了承ください。